ウォーターサーバーのメリットとデメリットは何か

ウォーターサーバーには、メリットとデメリットがあります。
メーカーが使うデメリットともあればメーカーが言いたくないデメリットもあります。
メリットは、水を運ぶ手間がなくなる事や冷水や温水も使えて便利な所や米を炊くとツヤツヤでおいしい所や災害の時にも役立つ所や赤ちゃんにも安全なお水を飲ますことができる所や水道水は危険な所などです。

 

メーカーが使うデメリットは、置場所が必要になってくる所や電気代やサーバー代がかかる所などをメーカーはデメリットとして言っています。
メーカーが使いたくないデメリットは、水道水からカルキ臭を取り除けば水道水と比べておいしさはほとんど変わらない所やサーバーのウォーターは高値だけど安全だとは言えない所や水の保存期間があいまいだったり一生飲み続けても健康への悪い影響がでないとは言えない事等たくさんのデメリットもあります。
コンセントがある所じゃなきゃおけないし、電気代やサーバー代がかかるのですが説明をしてくれる以上にかなり高額になったりもします。

 

やはり皆さんが気にするメリットとデメリットは、メリットは水がおいしくて安全性も高くてペットボトルを購入する手間や重たい思いをしなくてもいいし冷たい水もお湯もでるからお湯を沸かさなくてもいいことです。
デメリットは、水道代がスーパーに比べると高い場所もあるし電気代がかかってしまったりウォーターサーバーの衛生面が心配で設置場所とボトルの保存場所が必要な事です。

 

これらのことを踏まえ、水質やサービス、価格などで選ぶことが大切です。人気宅配水などのホームページなど参考にしてください。

ウォーターサーバーの口コミでデメリットを書いていた

ウォーターサーバーで、口コミでデメリットを書いているのを見ました。
お水の料金だけを見てしまうと、ニリットルのペットボトルよりも高く感じてしまいます。
サーバーのレンタルの料金も必要な所もありますし、お金の面はたくさんいるように思ってしまいます。
しかし、ポットの電気代や冷蔵庫の開け閉めやお湯を沸かす費用も減ることになるので全部を見ると安くなるケースも多いですしサーバーのレンタルの料金も無料の業者も多くなってきています。

 

ウォーターサーバーは、水のボトルをサーバーの上にセットをして使うので水をサーバーのボトル差し込み口まで持ち上げないといけません。
水の量は、10リットル前後のボトルを使っている業者がほとんどですので10キログラムぐらいの水を上へ持ち上げなければいけないので女の人やお年寄りの人は大変との声が多かったです。

 

しかし、最近では軽いボトルも出ていますしサーバーの種類によっては下にいれるタイプのものもあるので、重いものを持ち上げるのが嫌な人はボトルが軽い業者やサーバーの下にいれるタイプの物の業者を選ぶといいです。
ウォーターサーバーの設置場所も確保をしないといけなくなります。
水ボトルを、ストックしておく場所も必要になります。

 

ですから、どこにおこうかと考えてしまう人が多いとの事です。
費用と一緒ぐらい考えるのが衛生面になります。
ウォーターサーバーは、ずっと清潔に使えるのだろうかと心配になるとの声が多かったです。